読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育について④

こんばんは。

昨日に引き続き、今日も教育について書いてみようと思います。

ホームスクーリングを始めてもうすぐ2年、という直前に東日本

大震災が発生。

しばらくの間は、余震や放射能の影響に怯える日々でした。

色々と検討の結果、しばらく東京を離れて九州へ、その後、家族

で鹿児島へ引っ越ししました。

早速、鹿児島の小学校に挨拶に行き、校長先生に今までの流れを説明。

時間を割いてじっくり話を聞いてくださいました。

さらに、担任の先生はとても教育熱心な方で、うちの子どもにできる

ことを考えて行動してくださいました。

東京の小学校では、学校側からのアプローチはゼロ。

学校によって、先生によって、ここまで対応が違うのだ、と驚きました。

おかげで、私たち家族にとって、学校への見方が変わる大きなきっかけに

なりました。

担任の先生の真剣な姿に、うちの子どもにも変化が。

少しずつ先生の話に耳を傾けるようになり、結果として、春と秋の遠足に

参加しました。

私自身、学校と少しは関わりたかったんだな、という思いにも気付きました。

子どもにとっても将来を考える時間ができ、家以外の自分の居場所探しが始ま

りました。

この続きは、また明日書いてみたいと思います。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご縁に感謝します。