読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるよね

こんばんは。

昨日は、大好きな俳優の1人でもあるジムキャリーの作品を鑑賞しました。

表現力が豊な彼だからこそ、見ごたえのある映画でした。

人はみな色んな感情を持って生きている。

でも、感情を出すときは1つしか選択できない。

笑っていたら怒れないし、泣いていたら笑えない。

常に無意識に感情を選択している。

それを意識化しとてもわかりやすく作品にしている気がします。

誰しも正反対な感情を抱くのは自然なこと。良いとか悪いとかはなく、ごく

ごく日常的なこと。

あっ、今私こんな風に感じているんだ、思っているんだって、自分に意識を

向けることが自分を大事にすることなのかもしれませんね。

そんなことを気付かせてくれる素敵な映画でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご縁に感謝いたします。

 

movies.yahoo.co.jp